健康効果

健康はお金では買えません。しかし健康である事で貴重な財産となります。
-Anne Wilson Schaef

オーガニックココナッツミルクアイスと健康

最近までココナッツの中でも特にココナッツミルクの魔法のような健康効果は、西洋の食事と健康科学では無視されてきました。

現在ではその効果が知られ始めました。Cocofrio ココナッツミルクアイス製品は、すばらしい特徴を併せもっていてなお、おいしいく、新しい味わいをご提案しています。

なぜ乳原料の代わりにココナッツミルク?

植物性の脂肪で出来たココナッツミルクのアイスクリームは、「食べると太る」という動物性脂肪でできたアイスクリームで言われている言葉には当てはまりません。動物性脂肪が悪くて避けるべきであるということではありません。実際に、草食の牛・ヤギ・羊から得る動物性脂肪は、体に栄養があるすばらしい脂肪源を作ります。反してそれらの動物が自然に食べるもの意外(穀物などの飼料など)を与えられると、その動物性脂肪は悪くなることがあります。反芻(はんすう)動物である牛・ヤギ・ヒツジが穀物を食べて病気になった動物は、と殺まで生かし続けるために抗生物質とステロイドを投薬されます。ので、穀物を飼料として飼育されている動物から作られる酪農乳の摂取は避けるのがベストなのです。一番いいのは、オーガニック認証の取れた草食の肉または乳製品を摂る事です。

以上の事から地元のスーパーで商品を選ぶ際は気をつけて選びましょう。多数の魅力的な広告を載せたアイスクリームブランドで溢れています。立ち止まって少し時間を取って注意深く原材料表示を読み、安定剤・乳化剤などが何種類入っているか見てみてください。商品を選ぶ際には「健康的な代替品」や「健康的な製品」とされている、乳製品不使用やグルテンフリーの製品にも、同様に言えます。

理想としては、オーガニック認証の乳原料フリーまたはグラスフェッド(牧草のみで育った乳牛)のオーガニック乳製品のいずれかを摂るようにしましょう。

Cocofrioの何が特別?

Cocofrioは、「私たちは私たちが食べる物から出来ている。」という言葉を深く信じています。健康と食物研究に年月を費やした結果、私たちは豊富なココナッツの特性を理解し始めています。

私たちは健康的な生活様式が好きです。しかし、お気に入りのおやつの楽しみと味を犠牲にするのは嫌いです。そのこだわりが、新しいココナッツミルクをベースにした乳原料フリー、グルテンフリー、オーガニック認証を取得したココナッツミルクを使ったアイスの試作、レシピ開発、味の追及につながりました。

好きなものを食べて、食べているものを好きになる、またこれが他のどんなアイスよりも断然健康的であると分かれば、皆が手に取りたくなるでしょう。

Cocofrio ココナッツミルクアイス製品は、中鎖トリグリセリドやMCTsとも呼ばれる、中鎖脂肪酸(MCTAs)して知られるものが含まれています。

バランスの取れた食事といい脂肪をとらず、運動のかわりに様々な予防薬ばかり摂り、動物性脂肪を含むアイスクリームを多く摂ると、高コレステロール・動脈流の低下・冠動脈疾患のリスクが出てきます。

中鎖脂肪酸(MCFAs)が豊富

Cocofrio ココナッツミルクアイスの主な健康効果の特徴は、中鎖脂肪酸が豊富に含まれていることです。研究では、体内で他の飽和脂肪(特に乳製品に見つかる動物性脂肪)とは異なった消化の仕方をすることがわかっています

簡単に言うと、中鎖脂肪酸は肝臓に送られた後、脂肪として蓄積せずにエネルギーとして作り変えられる脂肪です。これはその他の脂肪が動脈閉塞の原因になり、心臓病などのリスクを減らせると言われています。

ココナッツミルクとココナッツオイルに見つかる中鎖脂肪酸には多くの健康効果があり、それには次の特徴があります:

  • 中鎖脂肪酸は、身体の代謝を促す事ができ、体重の減少につながります。
  • 中鎖脂肪酸は小さく、身体の細胞粘膜へ効果的に吸収されます。その結果、消化を助ける酵素も必要なくなります。
  • 中鎖脂肪酸は消化されやすいので、消化器系への負担が減ります。
  • 健康的な肌と若々しい見た目を保ちます。
  • 甲状腺の適切な機能をサポートします。

ココナッツミルクの脂肪酸に関する誤解と懸念

すべての飽和脂肪酸は同じように作られません。「作られる」というのは、飽和脂肪酸は自然の中で作られるものもあれば、体内で作られる(水素化)ものもあります。

水素化は、植物・種子油に熱を加えながら水素ガスを添加する工程の事で、加工食品(マーガリンなど)の賞味期限を伸ばし、企業に利益を生む技術です。

しかし最近では医学・科学学会において、水素化植物・種子油は避けるべきであるという意見が大半を占めるようになってきています。

従って、ココナッツミルクに見つかる飽和脂肪酸は自然の中で生成され、体内で生成はされません。ココナッツミルクにある飽和脂肪酸の種類は、上記で説明した通り、中鎖脂肪酸(MCFAs)です。中鎖脂肪酸は身体によってすぐにエネルギー源として利用されるので、炭水化物と同じ方法で機能します。ただ、身体のエネルギー源ではありますが、重要な面で違っています。ココナッツミルクの飽和脂肪酸は、血流にインシュリンの急な放出を起こしません。実際には、炭水化物のように働きますが、長期的な大量の炭水化物消費に伴うインシュリン関連の影響は一切ありません。

自然に生成されたの飽和脂肪酸は、良い脂肪として、呼吸・歩く・話す・食べるといった単純な動作をするためのエネルギー源として身体が必要とするので、摂取する上で恐れる事はありません。

ココナッツミルクの他の利点は?

  • ココナッツミルクには、心臓の健康状態を良好にすることに関連するオメガ6脂肪酸が入っています。
  • ココナッツミルクには、人間の母乳の有効成分であるラウリン酸の含有量が多く、免疫系と血管の弾力性を与えます。
  • ココナッツミルクの平均摂取量では鉄の1日の必要量の22%を摂取でき、平均以上のビタミンC、E、B1、B3、B5、B6に加えて、セレン、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、リンが入っています。
  • 抗酸化成分(ビタミンE)が入っていて、ココナッツミルクは有毒な活性酸素から保護するのに役立ちます。

どこでCocofrioを購入できますか?

ここをクリックして、最寄りの店舗のストックリストページにアクセスしてください。

オーガニックココナッツミルクって何?

Cocofrio のオーガニックで乳原料フリー & グルテンフリーのココナッツミルクアイスは、スリランカで有機栽培されたフレッシュなココナッツの果肉から作られます。当社のココナッツはオーストラリアの先導的な有機認証機関であるAustralian Certified Organic(ACO)よりオーガニック認証を受けています。つまり使用しているココナッツは、人工/有毒な殺虫剤と肥料を使用せず厳しいオーガニック基準の下で植えられて栽培されているということです。当社の施設と原料は信頼できる有機エージェンシーACOによって、定期検査されています。

ココナッツミルクは飽和脂肪の含有量が多くてコレステロール値に影響すると聞いたことがあります。それってホント?

ココナッツミルクが飽和脂肪酸の含有量が多いことは事実です。がココナッツミルクの飽和脂肪酸は動物由来の脂肪とは異なり、中鎖脂肪酸なのです。研究では、身体は他の脂肪酸から異なって中鎖脂肪酸を処理して、身体にエネルギーを与えて、満足感または満腹感を増やして体重を維持するのに役立つといわれています。

ココナッツミルクはコレステロール値を上げますが、ラウリン酸が善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールの割合を減らしてくれます。ですから、不飽和脂肪の摂取を考えるなら、ココナッツミルクを選ぶのが、一番の選択肢なのです。

これだけ体にいいもので、なぜココナッツミルクアイスが注目されるまでに長くかかったのでしょう?

オーストラリア人には「従来の」製品を支援するという長い歴史があります。しかし現在では、味覚がもっと洗練されています。また私たちの選ぶ健康的な食の選択肢が環境を作るという考え方に意識するようになってきています。Cocofrio のオーガニックココナッツミルクアイスはそういった要求のすべてに答えます。

Cocofrio オーガニックココナッツアイスクリームは誰が食べれるの?

Cocofrioのアイスのいい所は、誰でも食べられるという事。ココナッツはまさに万能原料で、当社の配合とレシピは非常に革新的なものです。つまり、Cocofrio製品は、年齢・食事・信念問わずココナッツベース製品の魅力的な味わいを我慢しなくてもいいのです。

Cocofrio アイスクリームはどうやって甘くしているの?

Cocofrioは、人の健康へ配慮しています。果糖を多く含む(45%以上)甘味料、例えばアガベシロップ、精製糖または蔗糖タイプの甘味料(ココナッツシュガー、パネラシュガー、ラパデュラシュガー)の使用は極力避けています。

当社のアイスの全成分は、オーストラリアを代表する有機認証団体Australian Certified Organic (ACO)よりオーガニック認証されています。これには、製品に甘みを与える原料として当社はメインにオーガニック玄米モルトシロップと極少量のステビアを使用しています。

玄米モルトシロップ

当社の玄米モルトシロップは、有機的に純粋で果糖不使用でグリセミック指数(GI値)が低いです。可溶性複合体炭水化物(マルトトリオース)50%、マルトース45%、グルコース3%で配合されています。

身体は複合体炭水化物を3時間、マルトースを1時間半で消化され、少量のグルコースはすぐに吸収されます。つまり、他の甘味料で起こりうる血流の影響を与えずに、ゆっくりとエネルギー放出され、緩やかな血糖値の上昇と、エネルギー消費がされていくということです。

ステビア

カロリー摂取に影響を与えない甘みの特性を高めるために、オーガニック認証を受けた植物ベースの甘味料ステビアも製品にごく少量使用。ステビアはカロリーゼロで砂糖よりも200~300倍も甘みがあります。つまり、ごく少量のステビアを使うだけでいいのです。また血糖値を上げずに甘味を出せるので、糖尿病持ちの方にも安心して摂取できる植物由来の天然甘味料です。

玄米モルトシップとステビアをどうして併せるの?

当社の方針は、お客様の幸福に配慮しながら、最高品質の製品を届けることです。

つまり、ステビアだけを消費すると、カロリーゼロなので身体が必要とするエネルギーが摂取することができません。例えば、呼吸する・歩く・働く・バスに乗るために走るといったことをするためには炭水化物も必要です。アクティブな人ならば、トレーニング効果を最大限にするために、必ずエネルギーが必要です。

玄米モルトシロップは他の甘味料に比べて甘みが少なくなっています。しかし、グリセミック指数(GI値)が低く、エネルギー補給を助けます。